パッチワークやキルトがしたい人におすすめのミシン

パッチワークにはこのミシン

人気の高性能コンピューターミシンですが、「ジャノメは縫い目が綺麗」という方も多く、パッチワークやキルトをやりたい方にもおすすめです。
「7枚歯布送り」は、キルトなど厚くなった布地でもしっかり送ってくれます
自動糸調子機能がついているため、縫いやすいのも魅力の1つ。
安さよりも使いやすさで選ぶなら、この機種がおすすめです。

 

ブラザーミシン

「くまのプーさん」の刺繍模様が内蔵されている、ブラザーのコンピューター刺繍ミシン。
自動糸切り機能や、自動糸通し機能は、糸を変える機会の多いパッチワークにもぴったりです。
送り歯も7枚で、分厚いキルトにも適しています。
刺繍データもたっぷり入っているので、オリジナルのものを作りたい方に。

シンガーミシン

文字縫いのできる機種「モナミヌウアルファSC307」。
液晶パネルで操作もわかりやすく、各縫い模様に適した糸調節をコンピューター制御で自動で行なってくれるので、いろいろな生地を使うパッチワークにもおすすめです。
作業台が広いので、カバーなどの大物にも適しています。

キルトやパッチワーク、専用ミシンじゃないとダメなの?

ポイント

ミシンを使ってパッチワークやキルトを楽しみたい方に人気のミシン特集。
パッチワーク専用のミシンもありますが、専用のものでなくてもパッチワークをすることは可能です。
一口にパッチワークといっても、パッチワークキルト、ハワイアンキルト等種類も多くステッチも多種類となります。

 

そのため、キルトを意識して作られてるミシン、キルト専用のミシンなどでは、ステッチ数が多く、なかには500種類以上ある、ブラザーM200、DC3500 もございます。
ただし、キルトだけでなく、普段使いとしてもミシンを使いたいという方は、専用機種でなくても大丈夫です。
ほとんどの機種でキルトやパッチワークをすることは可能ですが、選ぶ際に、ドロップフィード (送り歯を下げる機能) があるか、ステッチ数が多いか、などを確認してみましょう。

 

また、あなたの作りたい作品が、大きい物なら、アームの広い機種がおすすめです。
また、綿を挟んでキルトをしたいのであれば、力があり丈夫な機種を選びましょう。
使い慣れた今のミシンと同じメーカーのものがいい場合もありますので、その場合は、今使用しているミシンと同じメーカーの物から選ぶのもおすすめです。
今あるミシンの買い替えをお考えであれば、パッチワークのしやすいものを選んで、幅広く楽しめるものをじっくり選んでみましょう。


ミシンでパッチワーク&キルト関連ページ

初心者さんにおすすめ
刺繍ができるミシン
ロックミシン機能付き
ロックミシン機能付きのミシンを比較。本格的に洋裁をしたい人におすすめの、多機能ミシンなど。
かわいいミシン
本格派ミシン