1万円台、なのに結構使えるミシンは?

1万円台のミシン

有名メーカーのモノもあり!1万円台のミシン

 

安いミシンは、いざ購入してみるとおもちゃのようなもので全然使えない!ということがあります。
ふだんからミシンを頻繁につかうわけではないという方は、できるだけ安いミシンを探したいものですが、だからといって使えないミシンを買ってしまっては無駄になってしまいます。

 

安くてもそれなりに使えるミシン、おもちゃのようなものでなく、きちんと使えるミシンは?
本格的なミシンに比べて、機能は劣りますが、簡単なものしか縫わないという方なら安いものでも充分です。


 

これだけ出来て1万円台!?人気のミシン

ブラザー

コンパクトミシンの中でも人気No.1と言えば、ブラザーのSPシリーズの「ホワイト」です。
軽量、パワフル、見やすい液晶表示。縫い模様も直線縫い、伸縮縫い、ジグザグ縫い、裁ち目かがり縫いから、フォゴティングやキルト手縫い直線縫い、かんどめ、ボタンホールなど20種類と、コンパクトミシンとは思えない充実さです。

ブラザー

小型ミシンの中でもパワーもあり、おすすめできるのがブラザーのSPシリーズの利点。
ホワイトに人気は劣りますが、「ワンポイント模様がかわいい」という人も多く、202を選ぶ方も増えてきています。
縫い模様は、充実の20種類です。

ブラザー

スペック的にはPS202と同様ですが、全面パネルにサーモンピンク色をベースに花柄を入れた可愛いデザインのNT300。
NT300には、ハードケースが標準装備。別途購入する必要がないのは案外高ポイントです。

価格以外でミシンを選ぶポイントは?

1万円台のものから10万円以上するものも珍しくないミシン。
できるだけ安く済ませたいのは本心ですが、ちゃんと用を足さないようであれば、1万円だって無駄になってしまいます。
1万円台のミシンでもしっかり縫うことはできますが、使い慣れた方でも満足できるのは2〜3万円代のものでしょう。
結婚祝いや出産祝いなどでミシンを送る場合も、できれば2万円から3万円台以上のものがおすすめです。
「最低限の機能だけでOK」という方、価格重視で選びたい方でない限りは1万円代のものはおすすめできません。
がさばるミシンは、使わなければスペースをとるだけのもの。
価格も重要ですが、それだけにとらわれず、いろいろな機種を比較して、ミシンを選びたいものです。

1万円台のコンパクトミシン関連ページ

安いミシンを比較